高齢妊活と不妊治療
高齢出産の悩み、不妊治療の心配はここで解決します。

高齢出産と不妊治療について

晩婚化が進んでいるという事はよく言われていることだと思いますが、それにより、高齢出産も増えてきているのが現状のようです。実際数年前の調査では、8人に1人が40代での初産という事がわかっているようです。これはかなりの高齢だと思いますし、色々な要因があるかなと思いますが、実情の一つだと思います。また、不妊治療で悩んでいる夫婦も多いんじゃないかなと思います。色々な対策や治療を行ったうえで何とか妊娠する人も出てきているようではありますが、まだまだ、結果に結びつかない夫婦が多く、またお金もかなりかかるので、結果として断念するという夫婦も多いようです。加えて、孫が見たい等の周りのプレッシャーがより苦しめる元凶になりかねない事にもなりかねませんので、そういう事が無いようにしっかりとサポートが必要だと思います。

高齢になるほど不妊になる可能性が増します。

今や日本中で不妊に悩む人は大変多くなっています。その原因の一つが婚期が遅くなることによる妊婦の高齢化。卵子の数は胎児以前から既に決まっており、その質は高齢になるほど低下してくることが知られています。20代をピークに卵子の質は徐々に下がり、40代後半では正常に妊娠出来る可能性はかなり低くなってしまうのが現状です。でも、現代社会では20代、30代は女性もプライベートや仕事で1番充実している時期で、そこで結婚し仕事を辞め子育てをすることを選択することになかなか踏み切れない人も多いと思います。そうして婚期が遅れ、いざ子供を作ろうと思った時にはなかなか妊娠出来ないという状態になることが多いようです。不妊治療は男性も辛いですが、女性に心と体に大変な負担を強いるものですので、将来子供が欲しいのなら自分の人生設計をしっかり立てることが重要です。

高齢出産のための不妊治療について

私は不妊治療を行っている20代です。私は持病があるために、妊娠する事が難しく、治療を開始しましたが、いまだ妊娠に至っていません。最近では高齢出産の人が増えているので、健康な内に卵子を保存するサービスが始まったというニュースを見ました。これは素晴らしいアイディアだと思います。卵子も老化するようなので、若いうちに老化していない卵子を保存しておくと妊娠率も高いと思います。私は治療をしていますが、治療と仕事の両立は難しいです。不定期に、しかも突然に通院日が決まりますので、よほど理解のある職場でなけらば、通院することは難しいです。そのため、私も正社員として働きないと思いつつも、治療と両立するために時間の自由に出来るアルバイトをしています。このサービスが一般的になれば、負担も減り、仕事と治療の両立が可能だと思います。今はサービスが受けれる場所も少なく、治療費も高くですが、これからもっと実用される事を期待します。

解剖学の専門家で教壇に2年間立っているので医学的に生殖機能を熟知。 あなたに最適な不妊治療法をご提案いたします。 ひとりで悩む前に妊娠専門院へご相談ください。 1976年創業の老舗治療院です。 子宝マッサージは日本でもここでしか受けられません。 不妊鍼灸や不妊整体をはじめとする妊娠に関する専門院。 不妊を悩む前にまずはご相談ください。 高齢の不妊治療に実績のある子宝治療院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です